桃色の月うさぎ

香川県善通寺市にて一級和裁技能士として
着物のお仕立て、お直しをするお仕事をしています。
2005年から呉服屋に依存することなく
個人客の皆様に支えられて職人を続けさせていただいています。

二級和裁技能士として学校卒業後は
一人で技術を磨いてきたつもりでしたが
独学ゆえに、田舎の和裁技能士は技術が劣るのでは?
そういう負い目もありました。
2018年の東京キモノショーの和裁職人大賞で
三つ星をいただけたことは大きな自信となりました。
とはいえ、まだまだ不安も多く
日々勉強、日々研究は続きます。

最近は、破棄されて焼却処分されている着物が多いと知って
捨てずに活かすことを提案できる和裁技能士でありたいと思っています。

相棒犬う李花の世話人であり
相棒猫りおんの下僕と化している毎日です。

桃色の月うさぎ

お針子ご挨拶

真面目なお仕立て代と和裁技能士の話〜再び