雪輪に桜花、花びらが散っている小紋

サンドベージュの地色に雪輪から桜が覗いていてもうすぐ春の待ち遠しさを、花びらが白と桜色になっている小紋の袷の着物。まだ雪がちらほらが桜の花びらのようにも見える。そんな想いを表現しているような柄です。帯は赤紫色の更紗の縞模様、全通しの柔らかめで張りのある袋帯。丸組のぼかしの帯締め。帯揚げは濃いめのピンク色。でコーディネートしました。

コーディネートアイテム

まだありません。
このユーザの他のコーディネート