[10] 「からむし織」日本の美しさを纏う

出展者:昭和村からむし後継者育成協議会

雪深い奥会津・昭和村で代々大切に守り継がれてきた「からむし」。 その着心地は、「氷を纏ったような涼しさ」と称される最高級の夏素材です。 遠目には無地にも見える着物は、白糸と黒糸を交互に織り込んだ網代文様 で、上品な透け感は着る人の美しさを際立たせます。
風を通す織り地も軽やかな絽の帯は、手績みの糸だけが持つ張りを楽しめる贅沢な一本。
襟元には繊細なもじりで涼やかさを表現した半襟を合わせた上質な一揃いです。

(参考)
着尺 810,000 円(税込 891,000 円)
帯 420,000 円(税込 462,000 円)
半衿 28,000 円(税込 30,800 円)

着付け師:新井 まゆみ

きものサローネ2022 ブランドコーディネート

2022.11.08 09:38

コーディネートアイテム

まだありません。
このユーザの他のコーディネート
もっと見る